アーカイブ:2015年 7月

  1. ありがたい後見人、身元引受人

    先日、ベテランのケアマネさんにお話しを聞く機会がありました。何もかもが貴重なお話しだったのですが、その中でもへーーーって思ったことが、これでした。ケアマネさんをしていると、ご家族がいない天涯孤独のおひとりさまを担当することがあるそうです。

    続きを読む
  2. いずれ死ぬっつーじゃないですか、逆算の思考法

    今日は、おススメ本をご紹介します。タイトルは、『どうやらオレたち、いずれ死ぬっつーじゃないですか』みうらじゅんとリリー・フランキーの対談本です。

    続きを読む
  3. 終活カウンセラーのよもやま話

    じつは私、以前終活カウンセラーの資格を持っていました。ロウゴのことが気になり始めたウン年前、「終活」って言葉も知らないまま、ネットでいろいろ調べていたところ、ヒットしたのが「一般社団法人 終活カウンセラー協会」。

    続きを読む
  4. 『昭和史』のソーシャルブックリーディングが、オモローな予感

    戦後70年、そして、国の安全保障政策が変わるかもしれないという昨今、戦争についてあらためて考える時期、といえるかもしれませんね。

    続きを読む
  5. 介護者の心強い味方「家族会」

    誰にでも身近な問題になりうる「介護」。自分の将来のこともシンパイだけど、その前に親のシンパイがあるっておひとりさまも多いかもしれないですね。実際に介護中という方もいるかもしれません。

    続きを読む
ページ上部へ戻る