コラム

薬局のウラを支える調剤機器のショールームを見学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師からの処方箋を持って行く先の薬局を「調剤薬局」といいます。ドラッグストアとの違いは、薬剤師さんが常駐していて処方箋にある薬を調合し、説明しながら渡してくれるところ。お薬手帳に今回の処方薬名を貼ってくれたりもしますよね。(ドラッグストアでも調剤可能なところもあり)

調剤薬局で受付したあと、薬剤師さんは奥の方へ入ってなにやら作業し、処方箋にある薬を持って戻り、「〇〇さ~ん」と呼ばれ説明を受けるわけですが、調剤作業って一般の人は見たことないと思います。

私も見たことはなく、あまり深く考えずに薬を受け取っていました。が、、よく考えてみると、処方箋って一人ひとり違いますから、膨大な薬の種類の中から処方箋に書いてあるものを間違いなくピックアップし、一人分としてお出しするのって、実は大変なことですね。

とくに、高齢者などで多くの種類の薬を飲む人の場合、朝・昼・夕と一回ごとに分包され、セロファンや紙の袋にまとめて入っています。これ、手作業でやるってめちゃめちゃ大変。

なんてことを、あらためて考えさせられました。というのは、薬科機器・医療機器メーカー「株式会社タカゾノ」さんのショールームを見学したから。たまたまですが、貴重な機会をいただきました。

さて、このマシンは、そうした調剤を全自動でやってのけるのだそう。横がガラスになっていたので、マシンの働きぶりを覗くことができました。薬が入っている小ぶりな箱の裏を、上下左右にヒューンヒューン動く、その動きの速いことにビックリ!2台のマシンがあっちこっちに高速移動します。そして最後に、必要分がトレイに入って出てきて完了です。いやー、スゴッ!!

都心部でも需要はあるそうですが、なんといっても地方の薬局さん。人手不足を補えるマシンとあって、期待が高まっているそうです。

マシンの内部も見せていただきました。シートが半端でもバッチリ活用されています。

また、粉薬を遠心力を使って均等に分包するマシンや、シロップ状の薬を自動計量して充填するマシンなども。

朝・昼・夕と一回ごとに分包するお薬も自動で。

ほかにも、診察室の順番表示システムや、
会話のプライバシーを守るため、適切な音が出るスピーカーなども。

普段なかなか見ることのできないこうしたマシンを見学することができ、面白かったです。最初に紹介した全自動調剤マシンなんて、マシンというかロボットのよう。いろんなものが進化しているな~と感心しつつ、実際に作業されている薬剤師さんのことを考えると、あらためて大変なお仕事をされているなと思いました。

けど薬剤師さんって、こうした処方された薬の調剤するだけでなく、全体的な薬の飲み合わせだとか体調についてだとか、いろいろ健康相談できるんだそうです。そうした薬局を「健康サポート薬局」といいます。

健康サポート薬局とは? (日本薬剤師会)
http://www.nichiyaku.or.jp/kakaritsuke/support_pharmacy.html

今回は上記リンク先を見ていただきくわしくはまたの機会に…。ですが、、そうした健康相談とか薬についての知識を薬剤師さんに気軽に教えてほしいですよね。これまでは調剤に忙しくて…というのもあったかもしれません。

そこで、こうしたタカゾノさんのマシンなどが活躍すれば、患者さんや一般の人と薬剤師さんとのコミュニケーションがもっと生まれるかもしれませんね。

株式会社タカゾノ
薬科機器(散剤分包機・薬袋発行機など)・ 医療システム(薬剤情報システム・調剤監査システムなど )・医療機器(滅菌器・病棟機器全般など)を提供。
http://www.takazono.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加





ページ上部へ戻る