コラム

年齢を重ねるごとにカラダも進化する(!)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

肉体の成長のピークは20歳前後で、それ以降上がることはないと一般的にいわれていますが、いやそんなことはない!と強く思ったのは先日。70歳になったばかりのTさんとおしゃべりしていたときのこと。

見た目もエネルギッシュでシュッとしていて、お若い限りのTさんは、地域活動やご自分のやりたいことで日々活躍されています。数日前に古稀を迎えて、新たな年代に突入したけれども『じつは、4~5年前よりアタマがしっかりしてる』とのこと。

4年前に新たな活動を始め、それから今までかなりお忙しくしていて、以前より外へ出かけることが格段に増えたし、すごく多くの人々とお会いしている。だからなのか『前より忘れなくなった』そうです。

まずい!私は最近、人の名前が出てこなくなっている。忘れものも、、玄関出るところで何回もあれ忘れたこれ持ってかなきゃっていって戻ったりしてるな~(汗)
さらにビックリ発言が。

『開脚180度、もう少しでできそう』

ええーーーー!!
開脚、180度ですか?!
足開いて一直線ですよ!
ビックリー!

なんと3年前は、立位前屈で指先が床につかないぐらい、身体が固かったそう。180度なんで夢のまた夢だったそうですが、ある人から「毎日やれば3年でできますよ」と言われ、毎日コツコツ開脚にはげんでこられたそう。で、3年目の今年、もうゴールが見えるぐらいに開けるようになったそうです。

いや~、ほんとスゴイ!
高齢になると体固くなるっていいますけど、毎日着々と積み重ねるとちゃんと結果が出るんですね。Tさんのカラダとアタマは確実に進化してる!

こうして目の前で見させていただくと、「自分もがんばらねば」と、よし私も明日から開脚やってみよう!と密かに思い立ったのでした。(今日からじゃないんかい)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加





ページ上部へ戻る