コラム

おひとりさまのお正月を体験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

だいぶ経ってしまいましたが、、お正月のお話を。
今年のお正月はいろいろな状況が重なり、ひとりで過ごしました。おひとりさまのお正月を体験してみて、感じたことをいくつかお話ししたいと思います。

お正月を楽しむより、たまった仕事を
との目的で、実家にも帰省せず、友達と会うこともなく、過ごしたお正月。お正月を楽しみたいのはヤマヤマでしたが、それより仕事を片づけてスッキリしたい!という気持ちが勝り。まあ、そんなお正月があってもいいよね。

食べものは正月気分
とはいえ、食べるものはお正月気分を!と思い、プチおせちや雑煮をつくりました。おせちは妹から送られてきた蒲鉾に、栗きんとんと黒豆をスーパーで買ってプラス。お雑煮はさとうの切り餅でしたが、年末に地域の餅つき会でつきたてお餅を食べたので、その味を思い出しつつ(苦笑)。みんなで食べるのは美味しいけど、ひとりでも美味しいわ~。

雑音がないと正月ってことも忘れる
文章を書いたりが多かったので、無音で集中しているとあっという間に時間がたち、お正月真っ只中というのも忘れている始末。つまり、通常の仕事時とたいして変わらない気分。世間はお正月を楽しんでいるのに、私は…的なことを考えなくてすみました。

とはいえ、つながってる感がある
「こちらおひとりさまでお正月過ごし中です、どうぞ」とは言ってたわけではありませんが、Facebookやメッセンジャー、LINEなどでメッセージのやり取りをしていると、つながってる感が感じられますね。お困りごとの相談などがあると、頼られてうれしい♡感がありました。文明の利器よ、ありがとう。

とはいえ、つかれて寝正月な一日も
パソコンに向かってじっとして体力は使わないはずのに、やぱりつかれる。。なもんで、午後まで寝ちゃって、モサモサしていたら一日終わりな日も。日が短いから、一日も短いよね。

あれこれしている間に、正月終了
ほんと、時間の経つのは早いです…!3日間なんてあっという間だよね。

それから2、3日も仕事続きで、かれこれ1週間ぐらい引きこもっていた今年のお正月。経験してみての感想は、「ひとそれぞれのお正月があっていい!」

お正月といえば、実家に帰省したり、家族に会ったり、初詣行ったり、福袋買ったり、、という楽しいお正月もいいし、おひとりさまで楽しんでも、仕事しても、ぜんぜんいいなあと。人と比べたり、こうあるべき的なことに囚われることなく、自分なりでいいんだと実感しました。

人とのつながりって人間なら欲するものだけど、今の時代、いろんなツールがあって家にいながら、一人でいながら、いろんな人とコミュニケーションできるわけだから、ほんといい時代ですね。

リアルなつながりと、コミュニケーションツールと、自分一人でも生活を楽しむ気持ちがあれば、おひとりさまの老後も心配に値しないと実感したお正月でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




コラムアーカイブ


ページ上部へ戻る