コラム

20年来のおつき合いを清算!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

といってもムフフなアレではなく、プロバイダー契約のことですが(笑)
インターネット黎明期、映画「ユー・ガット・メール」を観てAOLメールにし、使い続けて20年。先日、衝撃の事実を発見しました。

「AOLメールは2009年より無料サービスとなりました」

ええー!毎月クレジットカードから利用料が引落されてるのに?
ともかく問い合わせの電話をしてみると、
・これは接続サービス料である
・この料金を払わなくても(解約しても)メールは使える
とのこと。

「じゃあ解約で」
「ではお客様確認を。お名前は?」
名前を言うと、
「ご登録はありません」

なんと、登録名は旧姓のままでした。
本人確認のもう一つの要素である「住所」も、当時住んでたところのまま。そんな昔の住所を、、、危うく忘れて分からないところでした。
無料になったときハガキでお知らせしたそうですが、住んでいないんだから届いてないよね~。

なんとか解約でき、メールも無料で使い続けることになりましたが、10年近くムダな料金を払い続けてしまった!

放置(というか認識が違っていた)してて課金続けられてるものとか、どうなってるか分からなくなっちゃったり、サービス提供会社が代わったり無くなったりというのも、世の中に多々あるんだろうな。

デジタル終活は今すぐ必要!現状と同期したり、整理してスッキリさせたい!とあらためて思わせる小事件でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




コラムアーカイブ


ページ上部へ戻る